『インペリアル サガ』をやってみた レポート&感想&まとめ     忍者ブログ
『インペリアル サガ』をやってみた レポート&感想&まとめ
6月18日よりサービス開始した『インペリアル サガ』の簡単なレポートを書いてみる。興味がある方の参考になれば幸いです。
●ストーリー
 ロマサガシリーズが一堂に会する夢の架け橋。FFではよく見かけるが、サガシリーズでは初の試みである。

 プロローグではデスが登場し、メインストーリーに入ると最初の敵は四魔貴族。ロマサガのストーリーはどれも秀逸なので、余程のことがない限りつまらない展開にはならないはずだ。キャラ毎の相関図が見られるのも興味深い。


●システム
 ベースはロマサガ2の皇帝継承システム。キャラ取得はガチャなので、レアリティの高いキャラが出ないと必然的に厳しい戦いとなる。当たりの確率(皇帝&王者)は16%と低めで、11連で確実に王者以上を狙わないとジリ貧になる可能性大。

 ◇ストーリー
  クエストをクリアしていくと進行する。気をつけるのは時間経過により皇帝の任期が満了してしまう点。つまり主力の初期皇帝アデルが抜けてしまうのだ。ストーリーを進めなければ使い続けることは可能なので、パーティの育成が納得いくラインに達するまで壁役としてこき使うべし。

 ◇成長
  サガシリーズ伝統である戦闘後のステータスアップの舞。愛がないのはちょっと寂しい。強くするにはひたすら戦闘を繰り返すしかないのである。

 ◇施設
  術法研究所や技道場といったお馴染みの施設もあるが、必要な素材や成功確率といった条件が増えすぎて気軽には使えない。技継承はもっとハードルを下げた方がよかった。キャラが替わる度にパリィから閃いていたんじゃ電球の演出が鬱陶しく感じてしまいそうだ。

 ◇スタミナ
  このゲームにスタミナという概念はなく、宿屋にて各キャラのHPやSPを時間経過で回復させる。つまり艦これと同じ。戦闘後は全快が基本のロマサガだけに、この仕様は違和感を覚えてしまう。さらに回復時間が異常に長く、わずかに減っただけでも1時間以上を要する。支給傷薬の配布が1日2回行われるが、後述の理由でダメージを受けやすいため焼け石に水。本気でプレイするならベッドの増設は必須になるだろう。

 ◇基本的な流れ
  ストーリーを進めるのが第一。だが、すぐに頭打ちになる(難易度が高くてクリアできなくなる)ので、バトルクエストを周回するのがメインになる。そこで育成と名声を稼ぎ、ある程度名声が貯まったらノーマルガチャをまわす。そして使えない低ランクキャラを施設などの餌にするのが一連の工程である。

  サービス開始直後だから仕方ない部分もあるが、同じマップを繰り返すだけなのですぐに飽きてしまう。ロマサガはエンカウントの高さからあまりレベル上げのような作業をした記憶がないため、これに関しても違和感は拭えない。


●戦闘
 安心のサイドビュー。見た目はそのままなので、逆にドットじゃないのが目に付いてしまう。各キャラの行動を選択してから進行するターンバトルなので重いPCでも安心。BGMが原曲と同じなのでテンションは必然的に上がる。上がらない場合はこのゲームをやらない方が懸命だ。

 肝心の戦闘は難易度は高め――というより攻撃が当たらない(体感でヒット率約50%)。そのため余計なダメージを受けてしまい、効率が落ちてしまう。命中率でゲームバランスを取るのは面白味に欠けるので、もう少し戦略性のある調整をしていただきたい。上記でも触れたが、宿屋の回復時間が長すぎて、なおさら理不尽に感じてしまう。支給傷薬をうまく使いこなせということなのか。

 技は攻撃しているとランダムで閃く。一度覚えれば任意に使用できるようになるけれど、ひとりが戦闘中に使える技は3つまで。なので3つ埋まった状態だと、覚えた直後に使うことはできない。(編成で登録する必要がある)

 HPがゼロになるとLPが減り、LPがゼロになるとキャラが消滅する。LP消費を防ぐ課金アイテムがあるので、高難度イベントでは必須になるだろう。


 あと地味な仕様だが、戦闘マップの移動でHPやSPが少しずつ回復する。これが結構重要なファクターだと思うので、序盤から必殺技を適度に使っていくことで被害を最小限に抑えられる。現時点では数少ない戦略性のある要素なので、意識しておくとよい。


●まとめ
 ロマサガの雰囲気は味わえるものの、ゲーム部分が単調作業だから飽きが早い。同じマップで出撃に手間も時間も要するから、みるみるやる気が削がれていく。施設を活用するにも相当の餌(時間)が必要となり、短時間では育成するだけで終わってしまう。

 多くの施設を序盤で開放させてしまったのも問題。使える施設なんて限られているのだから、もう少し開放する条件(レベル)を上げてもよさそう。現時点で必要のない情報を押し付けられても困るんです。


 ゲーム内で継承システムの説明がなく、ヘルプを読まないと分からないのは不親切。サポートキャラのアセルスが常駐しているのだから、細かすぎると思うぐらい説明させるべき。そのへんの面倒な話はコウメイにさせてもいいし。


 というわけで結論は、お金と時間とロマサガ愛があるならプレイすべし。ただし、どれが欠けても厳しいかな、と思えるぐらいすべての作業に手間暇がかかる。ゲームとは得てしてそういうものだが、私の場合ブラウザゲーでそこまでやりこむ気になれないので、足が遠のくのも時間の問題。


 この強気のシステムが吉と出るか凶と出るかは、エロールのみぞ知るといったところかな。

拍手

PR

2015/06/20 19:38 | Comments(0) | ゲーム

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<『FFレコードキーパー』をやってみた(60)-FF6イベント「漆黒の暗殺者 ロック再び!シャドウ新登場!」- | HOME | 『ピクトロジカFF』をやってみた(337)~暗闇の巌窟 その9×イフリートバトリアIII 2日目~>>
忍者ブログ[PR]