2013春アニメ第一話ひと口感想 前編     忍者ブログ
2013春アニメ第一話ひと口感想 前編
今期の新作アニメの第一話感想を一言ずつ書いてみました。
断裁分離のクライムエッジ
美少女ヒロインにいわくつきのアイテムを持つ主人公。そこはかとないマンネリ感を呪われし鋏の個性で切り裂けるか。

DD北斗の拳
北斗の拳がついに二頭身ギャグアニメ化。ただ、コメディ作品はセンスが必要であり、とても繊細かつ難しいもの。世紀末に何も起こらなかったらという設定はよかったんですけどね……。

RDG

落ち着いた雰囲気で丁寧な作り。主人公の和泉子は好きなタイプのキャラなので観続けたいけど、俺妹の2期と放送時間が被っているので辛いです。

銀河機攻隊 マジェスティックプリンス
例えるなら世界観がマクロスFで主役が奇面組のロボットアニメ。絵は荒いけれど、今後の展開が楽しみな作品。主人公が三枚目の作品はもっと増やすべき。

はたらく魔王さま!
まおゆうの性別を逆にした設定。それ以外はごく普通のコメディ。

進撃の巨人

原作との対比もあってかクオリティは高い。ただ、個人的にこの作品は残酷なシーンでごり押しする印象を持っているので、アニメはその嫌なイメージを思い出させるだけに過ぎなかった。

宇宙戦艦ヤマト2199
言わずと知れた名作のリメイク。かなり力を入れていて、CMもスタッフも豪華。原作の知名度がありすぎるせいか、説明不足で初見の人には内容が掴みにくい。EDで流れたヤマトのテーマは、歌手が多すぎて雑然としていたのが残念。

デート・ア・ライブ
どこかで見たようなものが混ざっていて、いったい何のアニメなのか分からなくなりました。無意味なパンツがあからさまでちょっと、ね。

惡の花

前情報から期待感を持っていたけれど……。実験的な試みなのか分からないが、このクオリティならアニメではなく実写でやるべきかもしれない。せめて次を観たいと思わせる内容にして欲しかった。これだとテーマを押し付けただけの自己満足ムービー。EDテーマのインパクトがすべて。


今のところで順位をつけるとしたら、

銀河機攻隊 マジェスティックプリンス
RDG
進撃の巨人
宇宙戦艦ヤマト2199
デート・ア・ライブ
はたらく魔王さま!
断裁分離のクライムエッジ
惡の花
DD北斗の拳

こんな感じでしょうか。ただ、RDGが裏番組の関係で録画できなくなるのは痛い。深夜アニメの数が多すぎるのでしょうがないですが、せめてどうでもいい作品と被って欲しかった……。
後編につづく。


拍手

PR

2013/04/10 00:52 | Comments(0) | アニメ

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<『とびだせ どうぶつの森』日記 ~イースターの巻~ | HOME | 『とびだせ どうぶつの森』日記 ~青薔薇育成計画その2~>>
忍者ブログ[PR]