『ドラゴンクエスト』日記 #04     忍者ブログ
『ドラゴンクエスト』日記 #04
 てつのおのを装備して以来、あれだけ苦戦したおおさそりも難なく倒せるようになった。ある程度金が貯まったのでガライでてつのたてを買う。また勇者度がアップした。
 だが、装備の充実には程遠い。ちまちまやるのも飽きてきたので、重い腰を上げ、リムルダールへ向かうことに。毒の沼地が2ダメージなのは精神的にも大きく、洞窟へ入る前から瀕死になるほど。ある意味魔物よりも恐ろしい。

 洞窟内のルートは覚えているので、たいまつを使わずに南下。魔物もそんなに強いわけではなく、すんなりゴールへ。

 問題の大陸に降り立つとここからが本番。リムルダールへの道のりは意外と長い。しかも森やら山が多い地形なので、必然的にエンカウント率も上がる。まどうしにラリホーでもやられたら最後なので、そうならないよう祈りながら慎重に移動する。
 結局リカントとてつのさそりが出て来ただけでなんとか到着。ラリホーの有難味を再確認した。
 リムルダールに入るといきなりぱふぱふのおねーさん発見。50Gなら喜んで行きたかったが、なぜか選択肢が出てこない。冗談じゃないと堀井雄二のツイッターアカウントにリプを飛ばしそうになったがなんとか思い止まる。
 南へ行けという預言書のじいさんと南はやばい魔物がいるから行くなという街人。南はたしかほこらしかなかったと記憶しているので行かないことに決定。それ以前にこの付近の魔物で苦戦するのにわざわざ行くバカはいまい。しかし、それでも行ってみようと思えるのがゲームならではの感覚。はっ、もしかしてこれがゲーム脳か!?
 カギ屋でカギを購入して宿屋の扉を開けるとよしりーんがいた。ようせいのふえの情報を得ると、更に奥の扉の先にキメラのつばさがあった。そういえばまだキメラに遭遇していない。今なら一口で食べられてしまいそうな気はするが。
 外壁の外にいる中村光一に話しかける。そして、勇者はまた修行のために広野へ向かったのだった。

ゆうしゃ:しょう
LV:8
ぶき:てつのおの
よろい:かわのふく
たて:てつのたて

拍手

PR

2011/10/02 18:06 | Comments(0) | TrackBack(0) | ドラクエ

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<『ドラゴンクエスト』日記 #05 | HOME | 『ドラゴンクエスト』日記 #03>>
忍者ブログ[PR]