2013春アニメひと口感想     忍者ブログ
2013春アニメひと口感想
今期アニメの感想、途中経過です。
翠星のガルガンティア
 いわゆるロボットものではなく、その実態は異文化交流を描いた日常アニメ。1クールなのにやたらのんびりしているので、観ているこっちが焦ってくる。このまま異世界EDというパターンもありそう。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない。(第2期)
 期待値が高すぎたせいか思っていたより面白くない。内容が薄くなって気持ち悪さがアップした感じ。とりあえずもっと黒猫を出してください。

革命機ヴァルヴレイヴ
 まさかのギャグアニメであることが判明。しかも制作側にそのつもりがないので性質が悪い。
 ショーコの謎の説得シーンや、周囲のハルトに対する異常な英雄視など、つっこみどころ満載。とどめはエルエルフのピースサイン。
 やることなすことすべて空回りで、登場人物が大根役者に見えるアニメ脚本なんて前代未聞。これを革命と呼ぶかどうかは個人の判断に委ねたい。関係ない話だが、サキを見ているとスクールランブルを連想してしまう。
 ED曲は『エルエルフのテーマ』の副題をつけるべき。

とある科学の超電磁砲S (第2期)

 3話まで観ているけど、ちょっと肌に合わない。原作を観ずにスピンオフ作品から入ったせいなのかも(しかも2期から)。登場キャラが多いので、もう少し見た目の違いがあるといいのに。

変態王子と笑わない猫。

 想像以上に展開が速い。そしてメインヒロイン二人が可愛い。というより、二人を愛でるアニメであることに気付き始めた。筒隠という苗字がとても気になる。

惡の花
 ロトスコープに少しずつ慣れてきた。雰囲気も良くなってきたが、仲村さんの言動がひどく漫画的なので浮いてしまう。そう考えるとこの作品は実写向きではないのかもしれない。あと、個人的に山田の露出が減ったのが寂しい。

銀河機攻隊 マジェスティックプリンス
 抜群の安定感を誇っている。キャラクターがしっかりと描かれているので、分かりやすく、観ていて飽きない。某革命機に足りない何かがここにある。

宇宙戦艦ヤマト2199
 宇宙へ飛び出してから物語も軌道に乗り出した。これから安定航行になるのは間違いない。

デート・オア・アライブ
 いわゆるドタバタラブコメだけれど、設定が特殊なので普通に楽しめる。謎が多くて最終的にどうなるのか見当もつかない。だがそれがいい。


現時点で観続けている作品の順位をつけてみる。


銀河機攻隊 マジェスティックプリンス
宇宙戦艦ヤマト2199
変態王子と笑わない猫。
デート・オア・アライブ
俺の妹がこんなに可愛いわけがない。(第2期)
翠星のガルガンティア
とある科学の超電磁砲S (第2期)
ゆゆ式
惡の花

――― 超えられない壁 ―――

革命機ヴァルヴレイヴ

-----------------------☆

 絵が綺麗な作品が多い中、お世辞にも整っているとは言えないマジェスティックプリンスが一番面白いという結果に。どんな作品でもそうだが、外面の良さだけに騙されてはいけない。

拍手

PR

2013/05/04 20:16 | Comments(0) | アニメ

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<『モンスターハンター4』日記 ~揺蕩うハンター心の巻~ | HOME | 2013春アニメ第一話ひと口感想 後編>>
忍者ブログ[PR]